読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスハート

あの時、凍った私の心。炉心溶融。人を愛す心はいつ溶るのか。傷だらけの一片氷心の日常。

雨を楽しみ絵になる、オシャレなおすすめの傘(アンブレラ)5選

ライフ ライフ-ファッション・雑貨

f:id:maegamix:20150610220040j:plain

雨の日の憂鬱なんて、オシャレな傘1本で吹き飛びます。私は雨が降ってもちっとも陰鬱な気分になりません。

実家にいた頃は特に傘にこだわりはなく、親がホームセンターで買ってきた傘ばかりを使っていました。特段の思い入れが無かったからか、すぐに置き忘れてしまったり、無茶な使い方で壊してしまったり。

しかし、いい加減いい大人になったのだから、身の回りの持ち物にこだわるようになりました。傘も例外ではありません。

都会で暮らしで見つけた傘と、実際に私の使っている傘からおすすめを5本紹介します。

雨でも青空をひとり占め『スカイアンブレラ』

雨の日にも青空をひとり占め
ニューヨークはもちろん、日本のモマ デザインストアでもベストセラーでロングセラーのスカイアンブレラ。1992年に伝説のグラフィックデザイナー、ティボール・カルマンとエマニュエラ・フラッティーニ・マグナッソン(EFM Design)がシンプルなアイディアを形にし、モマ デザインストアが発表してから20年が経ちました。ブラックの外側と木製のハンドルはスタンダードですが、カサを開いた途端、内側に広がる青空と真っ白い雲が雨の気分をパッと明るく晴らしてくれます。驚きとユーモアを兼ね備えたカルマンらしさに満ちたデザインは発売当初から話題を集め、1980年から1990年代に最も影響力のあるデザイナーの1人と位置づけられました。カサを開いた瞬間、どんな嵐もいつかは晴れることを信じたくなるスカイアンブレラは、20年を経過しても愛され続けるグッドデザイン。お友だちにもプレゼントして青空をシェアしませんか。
【出典】MoMA スカイアンブレラ | 商品詳細ページ | インテリア家具・雑貨の通販MoMA STORE

以前、愛用していた傘です。

べろべろに酔っ払った夜に、タクシーに置き忘れてしまった次の日のショックと言ったらありませんでした。

長い歴史を持つMoMA(ニューヨーク近代美術館)の名作で、リプロダクトまで出るほど人気があります。が、都内でもあまり使用している人を見たことがありません。

比較的サイズが大きいため、男性向きです。

ちなみに折りたたみタイプもあり、私はこちらを買い足し、出張に行く時や、普段でも雲行きが怪しい日はいつも持ち歩いています。

雨の日の夜に名画を『スターリーナイトアンブレラ』

ゴッホの名画「星月夜」が広がります
「この日の朝、夜明けまでの長い間、この風景を窓から眺めていた。ただ、夜明けの星だけがあり、それはとても大きかった。」
ゴッホが弟テオに向けフランスから綴った手紙に、こう記されています。想像と記憶に深く根差し、精神を反映したこの「星月夜」は、自然世界に対するゴッホ自身の想いを主観的に描いた作品です。
MoMAのコレクションの中でも最も人気の高い作品のひとつ、フィンセント・ファン・ゴッホの「The Starry Night(星月夜)」が描かれたMoMAオリジナルアンブレラです。傘を開くと内側全体に星月夜が広がり、いつでも満天の星空が楽しめます。
【出典】MoMA スターリーナイト アンブレラ | 商品詳細ページ | インテリア家具・雑貨の通販MoMA STORE

憂鬱な月曜日が朝から雨でも、何だか特別な気分で会社へ出掛ける事ができます。

あまり多くの荷物を持ち歩きたくないので、普段は『スカイアンブレラ』の折りたたみタイプの方が出番が多いのですが、朝からガッツリ雨が降っている日はこちらの傘を愛用しています。

こちらも比較的サイズが大きく、男性向きです。

こちらの折りたたみタイプは、『星月夜』が外側に。

個人的にはスカイアンブレラと同じように、内側に名画を描いて欲しかったです。

ただ、落ち着きのある雰囲気ですので、雨の日の風景に映えるかもしれません。

気分はイギリス王妃『バブルアンブレラ』

ニューヨーカー気分で雨から守ります
雨に濡れないように体を守りたくても、なかなかそうはいきません。重くて大きなカサでも全身を濡れないようにカバーするのは、大変です。バブルアンブレラが無敵というわけではありませんが、丸みを付けたデザインは一般的なカサより雨を寄せ付けません。そのうえ、ニューヨークのシンボルとも言えるマンハッタンのビルが連なってプリントされているので、どこを歩いていても少しオシャレな気分をお楽しみいただけます。ニューヨークが好きな方への贈りものにおすすめします。
【出典】NY スカイライン バブル アンブレラ | 商品詳細ページ | インテリア家具・雑貨の通販MoMA STORE

カッコイイビニール傘と思い買ったのですが、デザインと大きさは完全に女性向きです。

男が使うには小さすぎるので、買ったはいいものの、職場の同僚(女性)に新古品としてあげてしまいました。

ビニール製なので、比較的安価なので、女性へのプレゼントにも良さそうです。

発想の逆転?『Upside Down Umbrella』

閉じた時、濡れた面が内側になるため、洋服や荷物が濡れることなく、満員電車などの人ごみでも、周りの人に迷惑をかけることが少なくなります。
また、車やお店から出る時、体が濡れにくく便利です。
ちょっと置きたい時にも、傘立て無しで自立してくれる優れものです。
【出典】UnBRELLA アッシュコンセプト【オフィシャル】 デザインプロダクトshop

傘に関する煩わしさの全てを、逆転の発想から解決したユニークな傘。

ちょっと気軽に買えるお値段ではありませんが、傘立ていらずで保管の面でもメリットが多そうです。

あってはならない事ですが、『スターリーナイトアンブレラ』を万が一無くして(置き忘れて)しまったら買おうと考えています。

コロコロ付きの傘『コロガサナイト』

雨上がり、コロガサナイトを転がさないと。
億劫だった傘の携帯をより便利で楽しくするため、傘の先にタイヤをつけました。雨上がり、あなたの後ろをコロコロと付いてきます。
【出典】雨上がり、コロガサナイトを転がさないと。コロガサナイト UM1-18 -BIBILAB(ビビラボ)-

昨今、傘の横持ちから思わぬ事故に繋がったニュースをよく目にします。

そんな世の憂いを晴らすために、生まれたのか否かは不明ですが、スーツケースのように引っ張りながら持ち運びできる傘です。

とても面白い発想だと思うのですが、若干カラーがチープなのが残念ですが、使用していたら身の回りで話題になりそうな気がします。ただし、一人で転がしてる姿はシュールで、後ろ指を刺されるかもしれません。

傘という日用品1つを変えるだけで雨だって楽しめる。

傘は雨の日の必需品ですが、何のこだわりもない人は、特に男性には多いと思います。

傘一本変えるだけで、ありふれた日常に彩りが訪れます。

関東地方も6月に入り、ついに梅雨入りしたそうです。これから続くであろう、雨の日を、新しい傘で楽しみませんか?

以上、今週のお題「雨の日が楽しくなる方法」に寄せて