読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスハート

あの時、凍った私の心。炉心溶融、人を愛す心はいつ溶るのか。傷だらけの一片氷心の日常。

カクノが付録万年筆を目的に雑誌を買うよりもお得らしいので買ってみた

文房具 文房具-ペン・万年筆

f:id:maegamix:20161120093648j:plain

2本目の万年筆を購入してたのが去る数日前のこと。

いろいろと万年筆の事を調べていたところ、タイトルのような情報を得たため、早速3本目の万年筆『カクノ』を購入してしまいました。

やはり、万年筆の界隈には沼が存在するようです。私は現在腰らへんまでどっぷり浸かっており、どうやら抜け出す事ができない様です。

そんな現場からお届けします。

会社でLAMYを使っていたらゴリ押しされた一本

f:id:maegamix:20161120092419j:plain

以前、2本目のLAMYの万年筆を購入した際の記事でも少し触れたのですが、私は会社でもメモ書きからノートの作成まで、バリバリに万年筆(LAMYのサファリ)を使用しています。

それも、私のような平社員の界隈では、なかなか市民権を得ない万年筆に光を当てようと、見せびらかすかのようにLAMYを使っています。

するとある日、仕事仲間のいぶし銀なちょいワルオヤジ(死語)に「ライトな万年筆であればカクノの方がコスパが良いと」勧められました。一度は聞き流したものの、以降、私の座席に(遊びに)来るたびに繰り返すのです。

あんまり毎度同じ事を言われるので調べてみたところ、悪い声はほとんど無いうえに安かったので、一度試してみようかなと思うようになりました。

1000円前後で買える万年筆

f:id:maegamix:20161120094525j:plain

早速ササっと調べてみると、Amazonでは約800円前後で販売されており、安すぎです。一般的な文房具屋さんでも、1000円前後で売っています。それでも安い。

私が愛用しているLAMYの定価は4000円前後ですが、Amazonなどのネットで購入すると2000円程度で購入できるものの、それでもカクノは安すぎます。

確かに、値段だけで見ても万年筆が付録になっている雑誌を買うくらいならば、カクノを買った方が良いという声も納得です。雑誌だって何やかんやで700円くらいしますもんね。

そんな訳であんまり安いので、つい買ってしまいました。1000円前後の買い物では、思考停止で試してみようと思えてしまいます。

本体に付属のカートリッジがブラックだったため、200円前後で別売りのブルーブラックのカートリッジを買いました。他にも合計8色のカラーラインナップが展開されているため、このへんは好みの問題ですね。

実は50万本以上売れた大ヒット商品だった

私の自宅にはテレビが無く、雑誌も話題のもの以外は購入しないため、世の情勢に非常に疎いところがあるのですが、少し調べてみたらこのカクノ、実はパイロット社の大ヒット商品でした。

しかもこのニュースは2年前のもの。現在は一体、累計何万本売れているのでしょう。

もっと昔から万年筆好きだったら、どこかで情報を得ていたかもしれませんが、私のような万年筆初心者には魅力的で新鮮な情報でした。

身近な人が善意で勧めてくるものの中で初耳の物は、概ね大ヒット商品である事が多いよう体感では感じます。

安物なのに意外な拡張性

カクノ本体と同封されていた説明書には、なんと別売りでコンバータが存在が売られており、これを利用すれば普通の万年筆と同様にインク交換も楽しめるとのこと。

このような安い万年筆はカートリッジ式が一般的と思っていたため、コンバータが有ること自体驚くべきことです。万年筆の楽しさを低価格で実現しようとしている、メーカーの姿勢が感じられますね。

これは購入後に知った事で後に「しまったなぁ」と、例のちょいワルオヤジにこぼしたところ「コンバータまで買うほどの製品ではない。」とのこと。持ち上げてるのか、持ち下げているのか…。

とはいえ安価な価格設定にもかかわらず、妙な拡張性のある製品は個人的に大好きです。

余談ですが、万年筆用にカートリッジを開発したのは日本のセーラー万年筆だそうです。キャッチフレーズは「さらばインク瓶よ」だったとか。

これは、Amazonプライムビデオで見た『俺のダンディズム』の万年筆の回で知った豆知識です。カクノはダンディなアイテムとは言いがたいですが。

気軽に買える万年筆としては魅力的

f:id:maegamix:20161120092458j:plain

価格設定から全体の見た目には安っぽさはあるものの、ニブ(ペン先)の作りもなかなか凝っており、書き味だけで言うなら個人的な体感ではサファリに負けず劣らずの作りです。

サファリ同様、万年筆を正しく握るための作りになっているところも、好感が持てるポイントの一つです。

ただ、見た目の美しさはサファリの圧勝でしょう。しかし、チープさ故の可愛さで言えばカクノに軍配が上がります

字を書くという行為は気軽に楽しめるべきです。

クリップも無く、見た目にもプラスチッキーなのでさすがにビジネスシーンには向きませんが、万年筆を食わず嫌いに敬遠している方には一度試してみて欲しい一品です

安い割に作りがしっかりしていますので、インクやカートリッジごとに大人買い、なんてのも楽しそうです。

この記事が気になった方におすすめの記事