アイスハート

あの時、凍った私の心。炉心溶融、人を愛す心はいつ溶るのか。傷だらけの一片氷心の日常。

クロネコヤマト×LOFT限定発売のクロネコ万年筆を買いました

f:id:maegamix:20161120234414j:plain

万年筆沼からこんにちは。

世の中、Amazonや楽天市場などのECショップが既にライフラインの一部となっている、インターネットユーザも多い事と思います。

しかし人間として生きている以上、実店舗に行かなければ、なかなかお目にかかれない物が確実に存在するのが世の理です。

現在期間限定で、あのAmazonの商品を運んでくれるクロネコヤマト社と、大手雑貨店LOFTがコラボした様々なアイテムがLOFTの店舗で手に入るとのことで、さっそく自宅近くのLOFTへ足を運んできました。

そこで手に入れたのがこの記事で紹介する、私の万年筆コレクションの4本目、クロネコ万年筆です。

ロフトネットストア

クロネコヤマト×LOFT(ロフト)

f:id:maegamix:20161120225155p:plain

私がクロネコヤマトにお世話になるのは、もっぱらAmazonで購入した細々としたものを受け取る時ぐらいしかありません。

どういう経緯で両社がコラボするに至ったのか分かりませんが、異業種同士のコラボレーションというものは、ユニークなアイテムが多いようで、アイテム一覧を見ていてなかなか面白いです。

本当は使い捨てカメラの「写ルンです」のコラボモデルが目的だったのですが、ふと目線を移すと万年筆にプリントされたクロネコと目が合ってしまい、レジでお金を払い、お持ち帰りさせて頂いた次第です。

ちゃんと調べておけば良かったのですが、クロネコ色のインクも存在するようですが、私が訪れたロフトには在庫が無かったため、残念ながら手に入れる事はできませんでした・・・。

クロネコ万年筆

f:id:maegamix:20161120225411j:plain

クロネコヤマトとコラボレーションした、かわいいクロネコ柄の気軽に使える万年筆です。
黄色い万年筆にクロネコのキュートなプリントが施されたデザイン。
ネコ好きの方や、クロネコファンの方にも喜ばれる万年筆です。

f:id:maegamix:20161120225955j:plain

中身はセーラー万年筆社の製品をベースとしている様で、なかなか良い感じです。

店頭では『ふでDEまんねん』という筆ペン風の万年筆と書かれていたような気がするのですが、ニブ(ペン先)は通常の万年筆と変わりありません。

ペン先の字幅は「MF」(中細)で、セーラー万年筆社の説明では「手紙や日記などに適したサイズ」との事。

この万年筆で送り状を書いて、クロネコヤマトで発送しましょう、という事でしょうか。

付属のカートリッジは黒×2

f:id:maegamix:20161120225243j:plain

本体の中に、黒色のカートリッジが2つほど用意されています。

個人的にはブルーブラック系のインクが好きなので、万年筆で黒い字を書いた事はありませんが、このへんはクロネコの万年筆なので、クロネコ色という雰囲気ですね。

気になるコンバータですが、セーラー万年筆社製の一般用のコンバータが利用できるようです。

色彩雫の『竹炭』『霧雨』『冬将軍』あたりのブラック系のインクが似合いそうな一本です。

インク沼も捗りそうです。

書を捨てよ、町へ出よう

見出しは、寺山修司の書籍名から。

ともかく、自宅で様々なものが買えるようになった今世紀ですが、外に出ると新しい発見がたくさんあります。

ネットショップと睨めっこをしているよりも、外に出ることによる新鮮な出会いが意外とあるものです。

一応、ロフトもネットショッピングができるサイトがありますが、何に関しても、書を捨て町へ出て、自分の目で見て感じる事で、お気に入りのアイテムを探すことも楽しいものです。

なお、この記事で紹介した、クロネコヤマト社とLOFTのコラボレーションは、11月27日までの期間限定のコラボレーションのようです。

この記事が気になった方におすすめの記事

ロフトネットストア

© 2014-2017 アイスハート by 夜