アイスハート

一片氷心で四季を巡る書斎ブログ

AppleWatchを旧型Macintosh風にディスプレイするレトロ可愛い充電スタンド

f:id:maegamix:20170731102352j:plain

初代AppleWatchを購入してから早2年ほど経ちました。

当初は当分新型が発表される事はないだろうと踏んで、大枚をはたいて初代AppleWatchを購入したのですが、ご存じの通り1年程度のスパンで新型が発売されております。

購入当時は「AppleWatchを買った人を初めて見た」と、よく言われたものですが、最近ではふとしたときに着用している人も見かけるようになりました。

特にAppleWatchが便利だと思うのは、スポーツの時なのですが、平日仕事の時は通知メッセージを表示するツール程度の存在です。

しかし、ライトな使い方でも2日と電池が持たないため、充電は毎日の習慣のひとつです。これまではAppleWatch購入時に付属していたケーブルに直接接続して充電していたのですが、ふとこれでは味気ないと思うようになり、AppleWatch用のスタンドを購入してみました。

旧型Mac風のレトロな充電スタンド

初めて購入したMacはMacBook Airで、あまりApple信者歴は長くないないのですが、iPhone4Sを手にした時からAppleの製品には毎度心を奪われています。

そんな訳で、今回購入した旧型Mac風の充電スタンドは何となくAmazonを眺めていた時にビビッと来るものがありました。

f:id:maegamix:20170731102051j:plain

想像していたよりも、ずっとちんまりとした箱に入っています。可愛らしい。

f:id:maegamix:20170731102111j:plain

素材はシリコン製で、ストンと充電スタンドにAppleWatchを設置したり、サッと取り出す時にもAppleWatch本体に傷が付かない優しい素材です。

他にも初代iMac風のスタンドもありましたが、今回購入した旧型Mac風の方がレトロな味があって好きです。

f:id:maegamix:20170731102515j:plain

横から見て見ると、かなり単純な作りである事がわかりますが、正面から目にする造形はインテリアとしても全然アリです。

AppleWatch本体に触れたり、デスクにちょっとした振動があると時間が表示されるので、帰宅後は卓上時計としても便利です。

裸のまま充電させていた頃よりも、なぜだかずっと愛着が湧きます。

雑談:新型のAppleWatchが欲しい

ところで、当分買い換えないつもりでいたAppleWatchですが、初代は流行のApplePayやGPSが無かったり、公式には防水仕様ではなかったりするので、密かに買い換えたいという気持ちが芽生えつつあります。

というのは、地元に戻って以来、スポーツバイク熱が再発し、30歳ということで体型維持と体力を付けるためにもジムにも通う事を検討しているため、よりスポーツに適した最新モデルが気になっているのです。

現在発売されているモデルがSeries2ですが、近いうちにSeries3が発売されるという噂もあるため、ちょっと二の足を踏んでいるところです。

しかし、今年は新型のMacBook Proを購入したり、iPad Proも欲しかったり、新型iPhoneの発売が予定されていたり、年明けにはスマートスピーカー・HomePodの日本版の発売が噂されていたりと、Appleに対する物欲が半端ないため、頑張って自重しているところです。

Apple沼も深く、かつ新陳代謝が盛なため、悩ましいところですね。

© 2014-2017 アイスハート by 夜