読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスハート

あの時、凍った私の心。炉心溶融、人を愛す心はいつ溶るのか。傷だらけの一片氷心の日常。

AmazonのFire 8G タブレットが激安コスパ最強との事で買いました

WEB/ガジェット WEB/ガジェット-その他

f:id:maegamix:20160718140240j:plain

先日開催された年に一度開催されるAmazonの大型セール、プライムデーでAmazonが手がける激安タブレットFire(8G)が3,480円と価格破壊状態にあったので、モノは試しと思い買ってみました。

Kindle Paperwhiteの時よろしく、ネットではすでに語り尽くされている感があり、何番煎じなのか感がありますが、折角なのでつらつらと。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

超簡易な化粧箱(袋?)

f:id:maegamix:20160718140322j:plain

まるで、コンビニのレジ前に並ぶ特売品の様なノリの簡易包装です。

Apple社のiPadなどの製品では化粧箱に至るまで徹底的な質感を実現している事と比較すると、同じタブレット端末とは言え、はじめから同じ土俵で相撲を執る気が無いことが伺えます。

Fireの化粧箱(袋?)には、壁掛けで販売できるような通し穴が実装されています。Fireは家電量販店の実店舗では売っておりませんので、Amazonの遊び心なのか、将来大量に市場に償還するつもりなのか。

家電量販店では、高価な通信電子機器(ガジェット)なんかは万引き防止のため、支払いの際、空き箱等のダミーとレジ裏に置いてある実物の交換で売買するのが常だと思いますが、何となく安価な価格設定から壁掛けでも売る事ができるかの様なAmazonの遊び心の表れなのかもしれません。

技術の進歩と価格の低下に驚く

f:id:maegamix:20160718140508j:plain

とても実用的なタブレット
お求めやすさを追求したタブレット
パワフルな性能、充実した機能
高速なクアッドコア・プロセッサ、7インチディスプレイ(1024*600)
フロント&リアカメラ、拡張可能なmicroSDカードスロット。
充実した人気のアプリとゲームの品揃え
豊富な品揃えの映画やドラマ、楽曲、本、コミック、アプリやゲーム。
Amazonで購入したコンテンツは無料で好きなだけクラウドに保存できます。
ASAPで快適なストリーミング再生
ASAP機能によってバッファリングの待ち時間を解消。
お好きなAmazonの映画やドラマの再生がすぐに開始されます。

(だそうです。化粧箱裏面プリントより引用。)

タブレット端末の黎明期である一昔前、3万円超ほどの大枚を叩いて、当時はコスパが良いと叫ばれていたacerのICONIA A500というタブレット端末を購入したことがあります。

その当時のことを考えると、定価8,980円程度(プライム会員なら4,980円)でタブレット端末が手に入ることは驚くばかり。

また、ここ数年ではNexus7がコンパクトタブレットとして、コスパが良いと話題になりましたが、値段面ではこれも遥かに凌駕しています。

手持ちのiPad Air2と数値スペックの比較は面倒でやっていおらず、かれこれここ数日触っている限りでは、ネットサーフィンや動画鑑賞に至るまで、処理能力の面で特に不満はありません。

値段相応な部分が目立つ

とは言え、激安な価格設定を実現した代償は、化粧箱以外の部分にも多々見受けられます。

例えば背面はプラモデルの様なプラスチック丸出しで、プライム・ビデオなどの動画を鑑賞していると熱を帯びてくるのが分かります。

また背面に設置されたスピーカーは、音響装置がそれなりなのか、背面がプラスチックだからか、はたまた両者なのか、バリバリと音割れが目立ちます。それなりの音質で楽しむには、Bluetoothか有線の外部スピーカーにアウトソーシング(外部委託)するか、イヤフォンで視聴した方が良さそうです。

液晶画面に関しては、iPhoneなどと比較すると指紋が残りやすい印象です。Retinaディスプレイに慣れている私としては、解像度に若干の荒っぽさも気になりますが、値段相応ということで。

カメラの性能も、フルサイズの一眼レフ(Nikon D750)やコンデジ(SONY RX100)、iPhone6Sを常用する身としては、まぁ取って付けた感じ、という印象です。Amazonの販売ページには家族の写真を撮っているイメージが掲載されていますが、あまり多くを期待してはいけません。

うん万円の価格でこれなら全くダメですが、実売価格8,980円(プライム会員なら4,980円)程度ですので、全体的に「まぁ、そうだよね。」といった感じですが、この値段でここまでやれるなら、「よくできました!」とも言えます。

割り切りで購入するなら全然アリ

既にiPadなど、高品質なタブレットを手にしたことがあるならば、質の低さに閉口するかもしれませんが、値段が値段なので単純比較は無粋ってもんでしょう。

しかし、7インチタブレットというのはどうも絶妙なサイジングで手にフィットして良いです。はじめは重さを感じた重量でさえも、何と無く丁度良い感があり、気がついたら片手にいじっている自分がいます。

私個人としてはApple社のiOSの操作性に馴染んでしまっているので、AndroidベースのFire OSは操作に慣れるのに少し時間がかかりそうです。

大人のおもちゃみたいな物、として割り切って買うのであれば、選択肢としてはアリなんじゃないでしょうか。せっかくなので、私はこれから色々使い倒していきたいなぁ、と考えています。

Kindle Paperwhiteを購入して以来、電子書籍もよく買うようになり、Amazonの囲い込み戦略にまんまと嵌っている感がありますが、それでも生活が便利で豊かになっている実感がありますので文句無しです。

さてさて、Fireタブレットはこれから私のどのライフスタイルにフィットしてくれるのか分かりませんが、万が一ダメだったとしても、大した痛手にはならないという点もメリットの1つですね。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

この記事が気に入った方へのおすすめの記事