アイスハート

あの時、凍った私の心。炉心溶融、人を愛す心はいつ溶るのか。傷だらけの一片氷心の日常。

お風呂でスマホはジップロックでお手軽に。何気に音楽も聴けます。

f:id:maegamix:20161104233404j:plain

一人暮らしではありますが、仕事の疲れや、昨今の厳しい冷え込み加減から、ここ2ヶ月毎日湯船にお湯を張り、必ず毎日お風呂に入っています。

毎回気持ちいい気分でお風呂に入りたいのと、衛生面が気になるので追い焚きはやらないのですが、一度お湯を張ると30分程度の入浴でお湯を流してしまう事が勿体なく思うので、意識して入浴時間を長めにしています。(デトックスやら半身浴やらは全く意識していません。)
風呂に入っていると、取り留めのない事を考えはじめ、それを契機にふと思いついたり思い出したりする事があるのですが、お風呂を出た瞬間にほとんど忘れてしまいます。また、逆に何も考えることが無い時は手持ち無沙汰です。
こんな時にiPhoneが手元にあればいいのに・・・なんて思う機会が増えてきたので、お風呂にiPhoneを持ち込んでみました。

  

専用の防水ケースもあるけども

使用感が良さそうな防水ケースは高く、毎日使うとも限らないので早々に却下しました。
お風呂で音楽も楽しみたかったので、お値段そこそこの無印良品の防水スピーカーが非常に気になったのですが、筐体が大きく、操作性が悪そうだったのでこちらも却下です。
逆に安い防水ケースは、ジップロックと大差が無さそうだったので、真夏のサイクリング時に汗からiPhoneを守ってくれた、実績あるジップロック方式を採用しました。
 

f:id:maegamix:20141207220049j:plain

自宅にあった、お肉冷凍保存用のジップロックを流用。

f:id:maegamix:20141207220811j:plain

iPhone5Sを入れるには結構大きめなので、一般的なスマホのサイズなら、小サイズのフリーザーバッグの方がコストパフォーマンスが良さそうです。

f:id:maegamix:20141207221104j:plain

こんな感じの2つ折りにして使用しました。基本は片手操作です。 

肝心な使用感

普段、保護ケースも液晶保護シールも貼らずiPhoneを使用しているため、違和感は否めませんが、思ったほど悪くありません。ジップロックのダブつきで、多少の不便はありますが、操作面できないのはiPhoneのTouch ID経由でのロック解除ぐらいでした。

ちなみに、この記事の前半は、お風呂に入っている間に書き上げました。

何気に音楽も聴ける

ダメ元で色々試してみたところ、音楽もジップロック越しで聴く事ができました。

音質についてはお察しですが、前述のとおりタッチパネルでの操作ができるので、好きなタイミングで好きな曲を再生することができます。

ジップロックをがっつり密閉して再生すると、音が聴こえにくくなったため、音楽を再生するのなら、多少ゆったり感を持たせた方が良さそうです。

まとめと注意

  • 手軽にiPhoneをお風呂に持ち込める
  • 音楽も楽しめる
  • 導入費用が安い

と、多少の不便さに目を瞑ることができれば、バスタイムがより楽しめる様になりますので、ジップロックのスマホでバスタイム、オススメです。

シーンは異なりますが、ジップロックに入れたiPhoneで水中撮影、なんて猛者も居るようです。

ただし、ジップロックの使用用途がそもそもメーカーの思惑と異なるため、もしもの事があっても自己責任となります。

また、使用後はなるべく早めにスマホを取り出さないと、内部で結露し、結果的に水没となってしまう可能性があります。

ご利用は計画的に。

おまけ

ダイソーで買った100均防水スマホケースの記事を書きました。良ければ合わせてご参照ください。

© 2014-2017 アイスハート by 夜