『眉山』さだまさし/気丈な女性の生き方

さだまさしと言うと、切ない歌を歌う丸眼鏡の歌手というイメージがありますが、著書も多数存在します。 高校時代に司馬遼太郎を愛読していた読書家の友人が、「さだまさしは小説も良い」と言っていたことを、何となく思い出し、仕事で徳島に若干の馴染みがあったため、本書『眉山』を手に取りました。 (眉山とは徳島県徳…