読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスハート

あの時、凍った私の心。炉心溶融。人を愛す心はいつ溶るのか。傷だらけの一片氷心の日常。

測量野帳やKindle端末の持ち運びにLIHIT LAB.のSMART FITがすごくイイ

文房具 文房具-デスク雑貨

f:id:maegamix:20170217152924j:plain

近場やよく見知った場所へと出かける時は、基本的に手ぶらです。

ですが不思議なことに、気兼ねのない散歩をしている時に限って、ふと良いアイディアが思い浮かぶものです。

そんな時にすぐメモを取れば良いのですが、そういう時に限って何も書くものを持っていないもので、後でスマホにメモしておこうと考えます。

しかし一度後回しにしてしまうと、せっかく思い浮かんだアイディアが何であったのかすら忘れてしまいます。

寒い季節は、ジャケットやコートなどのポケットが多いため、手ぶらでもBLOC RHODIAや測量野帳などをポケットに忍ばせておくことができるのですが、思いつきで散歩に出かける事が多いので、何かとメモ帳も忘れがちです。

すぐにメモが取れて、すぐにKindle端末で読書ができるような、コンパクトなカバンが欲しいなぁと思っていたところ、安くてぴったりなカバンを見つけましたので、この記事で紹介します。

続きを読む

白スニーカーの王様スタンスミスには、廉価版でもロングセラーが頷けるデザインと貫禄がある。

ライフ ライフ-ファッション・雑貨

f:id:maegamix:20170207230212j:plain

先日、去年末から実践している糖質制限で1〜2インチは細くなったウエストに合うデニムを購入するためユニクロに足を運んだのですが、最近発売されたデニムはウエストに合わせると股下の長さが足りないという、なんとも残念な気分になっていました。

少し意気消沈していたのですが、ユニクロの隣に併設されていたABCマートに足を運んだところ、欲しかった色と私のサイズに合うスタンスミス(アディダス社)の在庫があったため、沈んだ気持ちは吹き飛び、思わず衝動買いをしてしまいました。発見から購入まで、おそらく入店してから試着時間を含めて約10分間くらいの出来事でした。

思えば以前からスタンスミスが何となく欲しいと思っていたのですが、いつ行っても欲しいカラーだけが無かったり、私の足のサイズに合うモノは在庫が無かったりと、最初に欲しいと思った頃から、かれこれ3年近くが経ってしまいました。

苦節3年、というほど苦労した訳ではありませんが、いつもの駄文で思いの丈を書き連ねたいと思います。

続きを読む

何十万もつぎ込んで新型MacBookPro(2016)を購入するまでに考えた事

WEB/ガジェット WEB/ガジェット-Apple

f:id:maegamix:20170206231410j:plain

2017年早々、新型MacBook Proの購入という非常に高価な買い物をしました。

年末年始に実家へ帰省した際に新型MacBook Proが「欲しい、欲しい」と家族にこぼしていたところ、「それで気持ちよく生活ができるようになるなら買えばいい」と家族から寸志を加えた後押しもあり、ついに購入してしまいました。

Twitterでも「欲しい、欲しい」と放言していたところ、フォロワー様からいくつかコメントを頂戴しました。この場をお借りして御礼申し上げます。

という訳で、せっかく一大決心をして購入しましたので、記事に残したいと思います。

このブログはいわゆるIT系のブログではありません。従いまして技術的な話しはなるべく避けつつ、どういう事を考えて購入に至ったのかを語りたいと思います。

続きを読む

『夜行』森見登美彦/鞍馬の火祭の夜に消えた彼女と、銅版画にまつわる数奇な物語

読書/書評 読書/書評-小説

f:id:maegamix:20170105222145j:plain

これまでに『四畳半神話大系』、『夜は短し歩けよ乙女』など数作品を読み、すでに森見登美彦の大ファンです。

2016年はなかなか読書に時間を割く事ができず、あまり小説を読むことができませんでしたが、ずっと書店で平積みにされている本作品が気になっていました。

読みたいと思ってからしばらく時間が経ってしまいましたが、年末年始の休暇を生かしてついに読了。結論から言うと、2017年の始まりに読むにふさわしい物語でした。

続きを読む

『君にさよならを言わない2』七月隆文/待望の切なくて暖かい感動する連作短編集の続編

読書/書評 読書/書評-小説

f:id:maegamix:20161228220944j:plain

続編を所望しつつ書評記事の筆を置いた前作ですが、書店を徘徊していたところ続編が発売されていました。

といっても初版が8月ですので、かれこれこの記事を書いている時点で4ヶ月が経過している事になります。

同時に、前作の書評記事を書いたのが1年以上前のことですので、もうあれから1年経ったのかと思うと感慨深いものがあります。

諸事情あって2016年は、2015年の時ほど読書の時間が確保できませんでしたが、前作でとにかく感動した記憶だけは新しかったため、さっそく購入/読了いたしました。

続きを読む
© 2014-2017 アイスハート